喘息は近年患者数が増加して、子供だけではなく大人になってから発症する人も少なくありません。喘息の直接の原因は、気道が炎症を起こし、それによって狭窄が起こり、喘息特有の呼吸音と同時に発作が起きます。では、この気道の炎症はどうして起こってしまうのでしょうか。気道の炎症の原因は、主に気道過敏、アレルギー、環境の3つが挙げられるのです。喘息の患者に共通して見られるのが気道過敏です。気管支などの気道がすごく敏感で、健康体の人よりも何十倍も敏感であると言われているほどです。ですので、タバコの煙や動物の抜け毛、ホコリなどのちょっとした刺激で気道が刺激され、喘息を起こしてしまいます。そして、アレルギーかといって、実は喘息の患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)の6割は何らかのアレルギーが原因で喘息を引き起こしていると言われています。そもそも、アレルギーは体内の免疫と深く関わりがあります。本来、免疫というのは、外部の菌やウイルスなどが体内に入らないように体を守ってくれるものです。しかし、たまにその異物に対して過剰に反応し、抗体を作り出して、異物に限った事ではなく体に害がないものにまで反応してしまって、それら全部を排除しようとすることがあります。これをアレルギー反応といい、代表的なものに、花粉症やハウスダスト、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。環境による喘息は、主に成人喘息の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)と言われており、子供への心配事や会社でのストレス、介護など、疲労とストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)から喘息を発症してしまうというものです。特にストレスは、体にいろいろな負担をかけ、免疫力が低下し、人によっては喘息を引き起こしてしまうのですー